メールをうまく活用する

携帯メールでのやり取りは、今の時代欠かせないものです。

友人、家族、恋人、仕事などあらゆる場面で使います。

通話する事とメールする事などのパターンの違いもそうです。

夜遅くに連絡したい時や、相手が忙しいかもしれない時でも、メールであれば用件を伝える事ができます。相手も自分の好きなタイミングでみる事ができるので、速達の手紙のような便利さがあります。

ただ、現代病ともいわれている携帯の依存症や、常に返信をしなくてはと恐怖感を覚えてしまう方も少なくないようです。

また、最近当たり前のように行われているコミュニケーション法として、見ず知らずの人や、会った事のない人との交流も簡単にできるようになりました。

このように、本当に多様性のある携帯電話ですが、携帯でのコミュニケーションの上手なとり方に興味を示す方もかなり多くなってきました。

好きな相手とのメールは、できれば途切れさせたくない物です。そんな時は、メールのなかに疑問符をつけるようにします。

例えば、「また遊びましょう」では、返信が返ってこない事も少なくありません。ですので、「また誘って貰えますか?」のようにするといいでしょう。

心理的に、人間は疑問には答えをと考える物なので、かなり返信率が上がります。

絵文字を上手に使うのもオススメですよ。

ハンドクリーナー
土居コーヒー